最新更新日:2018/10/13
本日:count up50
昨日:114
総数:2158
新しい「明祥中ブログ」へようこそ! 今までのホームページの内容を順次移行していきます。
TOP

ボランティア(中学生防災教室)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 社会福祉協議会の主催する中学生防災教室が明祥プラザで開催されました。
 今回は、「HUG(避難所運営ゲーム)を通して、地域の一員として中学生にできることを考えました。
 ワークショップ形式の内容であり、町内会やファシリテーターである安城防災ネットの方々と話し合い、考え合いながら、防災の意識を高めることができました。
 また、中学生は、町内会ごとの3学年混合グループをつくり、ゲームやワークショップを通して、楽しく話し合いながら学ぶことができました。
 初めての試みでしたが、今後、いろいろなことに発展させることができる時間であると感じました。

ボランティア(城ヶ入町運動会)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
ボランティアとして、たくさんの生徒が参加しました。
競技の運営や小学生などの世話など、積極的に活動してました。
地域の方も、中学生のボランティア活動を応援し、地域の「一員」として受け入れていただけていることに感謝いたします。

10月12日(金) 第2回ふれあい会議

画像1 画像1 画像2 画像2
年間3回実施される会議であり、代表生徒、教員、保護司、主任児童委員、保護者の皆様が参加しました。
今回のテーマ「先輩から後輩に伝えるべきことから部活動を通して、チーム・自分を高めるために〜」をもとに話し合いを行いました。
生徒代表は、各部3年、2年のキャプテンです。新しいチームとなって、部活動の今後のあるべき目標や課題などを出し合いました。
【感想(抜粋)】
〇2年生徒(新部長)
・部員全員の一つの目標はあったけど、一人一人の目標をつくることも大切だと思った。また、「失敗を恐れない」という言葉もよいと思った。失敗を怖がって何かに挑戦しなければ後悔する。失敗しても次につながるので、たくさんのことに挑戦したい。
・部長に頼りっぱなしの部活動ではなく、一人一人が自分の目標に向かって頑張れる部活動にしたいと思った。部長の存在が大きいのではなく、部員全員の存在が大きい部活動にしたい。
・まずはキャプテン自らが動くことが大切だと思った。
〇3年生徒(旧部長)
・この会議を通して、あの頃の自分の心境を思い出しました。どの部活動でも、「1年生が声が出ない」「あいさつができない」などの悩みを抱えていると思います。私が2年生のときに、「部長が声を出せば、他の子もついてきてくれるよ」と、先輩からアドバイスをいただいたことを覚えています。今日の会議が、今の部長にとっていい機会になったらいいなと思いました。
〇大人
・2年生の新しい部長の不安に対して、やり終えた3年生の言葉がとても頼もしく感じました。1年前は不安いっぱいだった状態から、これ程の自身につながる部活動の力はすごいと思いました。目標に向かい、明中生としての誇りをもって頑張ってほしいと思いました。

10月12日(金)中間テスト

画像1 画像1 画像2 画像2
 今日は中間テストです。
 新人戦延期の関係で、テスト範囲発表を前倒ししました。計画的な勉強ができたでしょうか。生徒たちは、朝から最終チェックに集中しています。
 今日一日、持てる力を出し切りましょう。
 【脳科学とテスト】
 テストは、学習してきたことを「脳から出力する」行為です。脳科学の視点からも、学習を定着させるために、有効な手立てだと言われています。また、基礎基本を学び゛、創造的な思考力を発達させる最強のツールとも言われています。
 その一方で、大事なところにアンダーラインを引いたり、付箋をつけるなどの勉強方法は、「受け身」の勉強法となります。見た情報を「理解したつもり」となるだけで、理解を深める効果は薄いとも言われています。「理解した」という錯覚は、「わかったことはもうよい」として、知識欲を減退させ、思考停止状態ともなります。脳は、入力よりも出力を重視するようです。自分が大切だとしたことを「思い出す」訓練が重要です。

生徒会資源回収

1学期に続き、生徒会による資源回収を行っています。
新聞紙、牛乳パック、アルミ缶の回収です。
9日から11日まで、各自が運べるだけ持参します。
リサイクルと生徒会の活動費のために、協力をお願いします。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月6日(土)新人戦 ソフトテニス男子

男子新人戦 団体戦の様子です。
最後まであきらめずプレーを続けることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10月6日(土)新人戦 ソフトテニス女子

雨天延期されていた新人戦が行われました。
ソフトテニス女子は団体戦優勝です。
めでとうございます。たいへよくがんばりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

明祥中ブログへようこそ

 今までのホームページをリニューアルし、明祥中ブログとしました。
 当面は、今までのホームページから、こちらのブログに入れるようにします。
 また、今までのホームページについては、今後新たに更新せず、順次データをこちらのブログに移行します。今までの最新情報等につきましても、可能な範囲で移行してあります。
 明祥中カラーのオレンジブログとなります。
 ぜひ、今後もご活用ください。

10月3日(水) 技術授業

画像1 画像1
7・8組の技術科授業です。ベンチを製作しています。
今日の内容は塗装でした。
製作した作品は、学校のみんなの役立つようにしたいと考えています。

10月2日(火) Hot Thank youカード

 前期生徒会役員による最後の取組です。
 昇降口に掲示してあります。
 団活動を中心に、前期を振り返り、互いに感謝し合うメッセージを全員がつくりました。後輩から先輩に、先輩から後輩に、そして、団のみんなに感謝の言葉が綴られています。みんなのために役立つ喜び、そして、一人一人の成長を感じることのできるメッセージです。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月1日(月) 生徒集会

 後期生徒会の初仕事です。
 会長による挨拶や「われらは明中生」の唱和など、力一杯行うことができ、後期生徒会の意気込みを感じました。
 また、文化祭における企画「明中ギネス」についても、紹介し、文化祭に向けた意識も高めていました。

 教室からは、合唱コンクールの歌声も聞こえ始めています。
 文化祭は、11月3日(土)です。保護者、地域の方を始め、次年度入学予定者の6年生も参加します。今から1か月。仲間とともにつくりあげていきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10月1日(月) 新人戦(サッカー)

 9月29日(土)新人戦の各種目が行われました。
 残念ながら、一部競技は10/6日(土)に延期されました。実施された試合の様子を写真で紹介します。結果については、10月1日付けの学校通信「明祥」で紹介しています。
画像1 画像1
画像2 画像2

新人戦(バレーボール)

 東山中と対戦しました。
画像1 画像1
画像2 画像2

新人戦(剣道)

 剣道は、個人戦です。
画像1 画像1

新人戦(卓球男子)

 安城北中と対戦しました。
画像1 画像1
画像2 画像2

新人戦(卓球女子)

画像1 画像1
画像2 画像2
 はじめに篠目中と対戦しました。
 なお、台風等による予定外の試合延期に伴い、
【1】テスト範囲発表を10/3(水)に繰り上げ
【2】3(水)〜5日(金)の部活動について、新人戦等の有無を考慮して、部活裁量で実施することができるようにしました。ご承知おきください。

10月1日(月) マンホールトイレ

 1年生の総合的な学習で「防災」について取り組んでいます。
 明祥中にある「マンホールトイレ」について学習しました。体育館の西側に設置場所があり、中学生でも簡単に設置できるものです。万一の避難所としての明祥中の役割について学習しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9月27日(木) 学校集会

 後期生徒会役員、委員長の任命を行いました。
 新旧の役員や委員長からの心意気、お礼も述べられました。後期の生徒会を大いに盛り上げることを期待したいですね。
 夏休みの作品や部活動等の表彰もあわせて行われました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

校長先生の話はこちらをご覧ください

                       平成30年9月27日
【学校集会】

『人間にしかできないこと』

○AI(人工知能)が話題に
・人の生活を便利にする。その力がどんどん進化している。いずれ、人間
 の力を超えるとも言われている(おそらく来ないとも言われている)。
・東京大学の入試には合格できないが、その他の大学には合格できる力を
 もってきている。
・多くの仕事がAIによって行われる。20年程度後には、今ある職業の
 うち、半分の仕事は無くなってしまうということも言われている。

○AIが苦手なこと=人間にしかできないこと
・言われたこと、与えられたことだけをこなすことは、AIにとって得意
 なこと。しかし、AIは「意味を理解」していないと言われている。
・「私は、岡山と広島にいってきた」「私は、岡田と広島にいってきた」
 の区別はAIにとって、苦手なこと。岡山が人名をさすのか、地名を指
 すのか、文脈の中からだけで、AIは判断できない。
・コンピュータは、教えられたこと以上のことができない。「推測」した
 り「イメージ」したりすることは苦手である。
・ある事柄と出会ったとき、「考えて自分なりに解釈する」力は、AIに
 は難しいこと。
・授業の中で、人の意見を聞いて、自分の考えをつくり出すことは、人間
 しかできないこと。
・ドリルの解答をつくること。AIにとっては得意なことである。間違え
 た答えを、「なぜ間違えたのか」と考え、分析することは、人間が得意
 なこと。

○今から20年後の仕事
・人と関わる中で、共に物事を考え、新しい考えをつくり出していくこと
 は、AIでは代替できない。
・今、学校で勉強していることは、20年後にも必ず役に立つ力。
 常に、人間にしかできない力を伸ばしていかなければならない。「自分
 の頭で考え、仲間と共に考えをつくり出す」訓練を意識してほしい。
 きっと、今の授業が、行事が、部活動が将来のために役立つことにな
 る。

9月27日(木) 授業の分析

 昨日は道徳の授業の話題でした。
 教員の力量を向上させるために、互いの授業を見合って、学び合っていくことは、とても有効なことです。
 これを「授業研究」と呼んでいます。授業研究によって、わかってきたことなどをなるべく平易な言葉で紹介します。
 保護者や地域の皆様が、授業のこと、新しい学習指導要領が目指すところなどをご理解いただく一助となれば幸いです。


【授業者】        神本悠治
【日時・指導学級】   9月26日(水)2時間目  2年1組
【教 科】       道徳
【題材】        2つのエピソード
【授業の目標】
 ・ルールがある意味を考え、ルールを守ることの大切さと難しさを
  ふまえて、今後の生活に生かそうとすることができる。
【授業の工夫】
 ・自分の考えをネームプレートによって黒板に掲示し、話し合いを
  しやすくする。
 ・自分の考えを書いたプリントを、グループ内で回し読みする。そ
  の時、自分と人の考えを比較しながらプリントに書き込めるよう
  する。
【授業の様子・生徒の変容】
 ・グループ活動の場面では、自分のプリントに級友の意見が書き込
  まれていたため、さらに積極的に話し合いをする姿が見られた。
 ・1つ目のエピソードでは、ほとんどの生徒がルールを破ったら罰
  せられるという意見になった。2つ目のエピソードでは、ルール
  を破った相手の状況を考えた意見も見られた。「ルールを守るこ
  と」「人の感情」との優先順位を決めることは難しそうであった
  が、遵法の大切さを考え、深める機会となった。
【教師の振り返り】
 ・生徒同士がグループで自分の意見をしっかりと級友のプリントに
  書き込み話し合いをし、考えを深めている姿が見られてよかった。
 ・「○○君の意見を聞いて、〜〜と考えました。」といった発言を
  聞くことができるようになると、互いの考えをより深め合えるも
  のになると感じた。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校行事
10/22 木曜授業5時間
愛知県安城市立明祥中学校
〒444-1213
住所:愛知県安城市東端町住吉1番地12
TEL:0566-92-0019
FAX:0566-92-3777