最新更新日:2017/03/25
本日:count up37
昨日:195
総数:61755
校訓  「拓く」  〜私たちは 新しい時代を担っていく若者として おおらかに 力強く 自らを拓いていきます〜  

2年7組「時の旅人」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
本日の紹介の最終は2年7組です。
2年7組は、2年生でトリの8番目に演奏をします。
曲目は、「時の旅人」。
指揮者は、安藤優杏さん、伴奏者は、梅村宗太郎君です。
以下は、林田奈々さんからの、「今度こそ」と題した意気込みメッセージです。
7組は応援コンクールでクラス全員が団結し、楽しむことができました。
しかし、体育大会の賞状は一枚も取れませんでした。この悔しさがみんなの中にあります。合唱コンクールではそれをバネにして、挑むことが重要だと思います。ここで再び、クラス全員で団結し、今度は悔いのないように練習に取り組んでいきたいです。
最優秀賞をとるのは7組です!

2年6組「YELL」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
次は2年6組です。
2年6組は、2年生で6番目に演奏をします。
曲目は、「YELL」。
指揮者は、近藤大斗君、伴奏者は、吉川紗代さんです。
以下は、石川月菜さんからの、「未完成なYELL」と題した意気込みメッセージです。
私たちの合唱コンクールの曲は「YELL」です。
ソプラノはとても声がきれいで迫力があります。アルトは難しいながらも、音をとることができていて、テノールは息がぴったりに歌うことができます。合わせて歌うと音量が少なかったり、つられたりでまだまだ未完成な歌だけれど、お互いにアドバイスし合って上達しています。
みんなで団結して、最優秀賞をとりたいです。

2年4組「手紙〜十五の君へ〜」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
次は2年4組です。
2年4組は、2年生で4番目に演奏をします。
曲目は、「手紙〜背景 十五の君へ〜」。
指揮者は、梅林輝君、伴奏者は、岩間考紀君です。
以下は、畔柳苑佳さんからの、「文化祭」と題した意気込みメッセージです。
私は、合唱コンクールを頑張りたいです。
体育大会の応援コンクールではまとまることができず、賞をとれませんでした。みんな悔しい思いをしました。しかし、今の4組は以前の4組とは違います。やるときはやる、楽しむときは楽しむなどの切り替えができるようになりました。体育大会の悔しさをバネに合唱コンクールで賞をとりたいです。

2年3組「組曲『時の女神』より 第7曲『あなたへ−旅立ちに寄せるメッセージ』」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
次は2年3組です。
2年3組は、2年生で6番目に演奏をします。
曲目は、「組曲『時の女神』より 第7曲『あなたへ−旅立ちに寄せるメッセージ』」
生徒の皆さんは、「あなたへ」って呼んでいます。
指揮者は、西村夏さん、伴奏者は、中川駿介君です。
以下は、藤浦朱花さんからの、「合唱コン!」と題した意気込みメッセージです。 
3組は、応援コンクールで負けてしまい、とても悔しい思いをしました。
だから、文化祭の合唱では優勝を確実にねらっていきたいです。3組は話し合いができて、絆が強く、団結力もあります。みんなの関係が深まってきており、クラスの雰囲気もとてもよいです。次は必ず優勝して、2年生の中で一番のクラスになりたいです。

1年4組「組曲『サバンナ』より 第6曲『サバンナの風』」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
次は1年4組です。
1年4組は、1年生でトリとなる8番目に演奏をします。
曲目は、「組曲『サバンナ』より 第6曲『サバンナの風』」
生徒の皆さんは、「サバンナの風」って呼んでいます。
指揮者は、甲村光咲さん、伴奏者は、岡田莉奈さんです。
以下は、伴奏者の岡田莉奈さんからの、「最幸の合唱を」と題した意気込みメッセージです。
私は、文化祭の合唱コンクールで伴奏者としてクラス全員が心を一つに良い表情で気持ちよく歌えるような伴奏を心がけたいと思っています。
クラス一人一人が4組のために、持っている力を発揮して最幸な合唱をつくりあげたいです。文化祭当日、明るくて元気な4組の良さを生かしてチームワークを大切に、『目指せ!最優秀賞!!』

1年6組「組曲『未来への決意』より 第2曲『人間』」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介しています。
次は1年6組です。
1年6組は、1年生で7番目に演奏をします。
曲目は、「組曲『未来への決意』より 第2曲「人間」。
指揮者は、大沼鈴葉さん、伴奏者は、鳥居純香さんです。
以下は、指揮者の大沼鈴葉さんからの、「合唱コンクールにむけて」と題した意気込みメッセージです。
私は、1年6組の「人間」の指揮者をやります。
夏休みに学校に行って練習を始めた時は、「簡単そうだな。」と思いました。でも、クラスのみんなや伴奏の子とタイミングを合わせるのが難しく、練習がうまく進まないことが何回もありました。ですが、本番では、6組全員の心を一つにして美しいハーモニーを響かせます。

1年2組 「組曲『混声合唱とピアノのための四つの日本民謡“北へ”』より 第2曲 俵積み歌」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日から、各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介します。
次は1年2組です。
1年2組は、1年生で6番目に演奏をします。曲目は、「組曲『混声合唱とピアノのための四つの日本民謡“北へ”』より 第2曲 俵積み歌」。生徒の皆さんは、「俵積み歌」と呼んでいます。
指揮者は、是永龍之介君、伴奏者は、吉兼愛実さんです。
以下は、山中淳暉君からの、「初めての文化祭」と題した意気込みメッセージです。
もうすぐ文化祭です。
初めての文化祭なので、どんな感じなのかがとても楽しみでたまりません。
合唱コンクールでは、2組は「俵積み唄」を歌います。難しい曲なのでなかなか上手には歌えませんが、クラスのみんなで力を合わせ、体育大会に引き続き文化祭でも賞をとりたいです。他のクラスに負けないように、精一杯がんばります!

1年1組「明日へ」〜合唱コンクールの曲目紹介〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日から、各学級の合唱コンクールの曲順や学年だよりに書かれたメッセージをもとに学級の合唱にかける意気込みを紹介します。
最初は1年1組です。

1年1組は、1年生の部の4番目に歌います。
歌は「明日へ」。指揮者は尾上奈々美さん、伴奏者は鶴田真子さんです。
以下は、伴奏者の鶴田真子さんからの「伴奏者として」と題した意気込みメッセージです。
私は合唱コンクールに向けて、1つの目標を立てました。
それは、クラスの子が安心して歌えるようにするために、ミスのない伴奏をすることです。指揮者の菜々美さんと上手に合わなかったところも2人で練習して、合うようになってきました。自然教室のときの悔しい思いを挽回できるように、自分からよい合唱にしていきたいです。そして、最優秀賞を取りたいです。

今だからできることを頑張る南中生〜「城南町秋まつり」にボランティアで参加しました〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日10月30日(日)の午前中から午後にかけて、城南町公民館一帯で「城南町秋まつり」が開催されました。事前にボランティアを生徒の皆さんに募集したところ、なんと20名を超える皆さんからご協力いただきました。ありがとうございます。
おかげでお祭りも大盛況。ボランティアに参加した皆さんもとても楽しそうだったのが印象的でした。豚汁やつきたてのおもち、フランクフルトなど、秋ならではの収穫の味を十分堪能した中学生もいれば、ボランティアとしてそれらをみんなに配っている中学生もいました。どのような形にしても、町は私たちのホームグラウンド。いろんな形でおまつりに参加し、楽しんでもらえればいいなって思いました。
学校では、文化祭の準備も真っ最中。こちらの皆さんも頑張っています。
そんな中学生の頑張りを感じられた今週末の一コマでした。

第30回愛知県中学生英語弁論大会に出場しました

画像1 画像1
10月29日(土)に、聖カタリナ学園光ヶ丘女子高等学校において、第30回愛知県中学生英語弁論大会が開かれ、本校からは中村魁士くんが参加。努力賞を受賞しました。
この大会は県内の中学生が参加し、参加者総数は320名。当日の本戦に出場したのは55校からの60名でした。
先日も、本校から安城市の英語スピーチコンテストに3名の生徒の皆さんが参加をしました。また、夏休みの終わりには多文化共生日本語スピーチコンテストにも代表の生徒が参加をして、栄誉ある賞をいただきました。これまでも相手に自分の意思を伝えたり、豊かに表現をしたりすることは大切であるとされてきましたが、これからはそれらが様々な言語を用いて、という時代に変わりつつあるんだなとつくづく実感をします。
休日にもかかわらず大会に参加をしてくれた中村君や応援に来ていただいた皆様に、改めて感謝申し上げます。
画像2 画像2

七夕飾り片付けボランティア(2回目)を行いました

画像1 画像1
昨日の午前中、本校南館において、2回目となる七夕飾りの片付けボランティアを行いました。今回もたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
先月末は、渡り廊下でやらないと暑いくらいの気候だったのに、今回は渡り廊下では肌寒さを感じるような季節の変わりように驚かされます。2時間程度の作業でしたが、皆様のおかげで作業がだいぶはかどり、次回の11月25日(金)10時からの活動では分別作業をする程度になりました。改めて感謝申し上げます。
次回の活動について、飛び込み参加も歓迎しますので、もしよろしければ来校していただければと思います。
よろしくお願いします。

文化祭に向けて〜吹奏楽部、ただいま練習中!〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
文化祭では様々な文化系の部活動が発表をする場がありますが、吹奏楽部もそのうちのひとつです。金曜日の朝の部活動にお邪魔してみると、熱心に曲の音取りを顧問の先生とともに確認をしている場面に出会いました。
あれ?でも,なんだか部員が今日は少ないなぁ…と思いつつ、学校の校舎の外をくるりと回っていると…、
見つけました!1年生の昇降口の前に。
先ほど音取りの確認をしていた曲に合わせられるように、みんなでダンスの振り付けを覚えています。こちらも顧問の先生がついてアドバイスをもらっていました。
文化祭まであと少し。部活動も生徒会も準備で頑張っていますね。
素敵な文化祭になるといいなって思います。

第72回日本PTA東海北陸ブロック研究大会名古屋大会に参加をしました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日明日と、名古屋国際会議場他で第72回日本PTA東海北陸ブロック研究大会名古屋大会が開催され、本校からも平岩PTA会長が参加しました。
今日は各分科会ごとにパネルディスカッションが行われ、本校は第2分科会に参加をしました。そこでは、2校の発表にパネルディスカッションがありました。

名古屋市立八王子中学校の発表では「こころ育」というテーマを設け、各年サブテーマを付け活動の柱としていました。挨拶やコミュニケーション手法を親と一緒に学び活かしているようです。その他親学アクションの取り組みを進めて、家事手伝い、体力づくり、親子交換日記など親と子どもがテーマにを決めて重点週間に活動をしているようでした。

パネルディスカッションでは2つの点で議論があり、
1 活動テーマや目標について
・わかりやすいテーマを数年継続していき、具体的な活動やゴールを決めることが、PTA会員にも有効な活動である。
2 親と子供が一緒に活動するために
・日々の挨拶、食事を共にすることや、同じテーマで目標に向かうイベントに参加することなどが大切で、各家庭での取組みをPTA新聞に掲載することなども有効である。
・また、子供の心を豊かにすることで、自己肯定感を広げることができる。
などの意見がありました。

明日は,鈴木明子さんの記念講演などがあり、引き続き、会長さんに参加をしていただく予定です。

第72回日本PTA東海北陸ブロック研究大会名古屋大会

NHKよりEテレ「いじめをノックアウトスペシャル第8弾」を見てね!という紹介がありました

NHKより情報提供がありましたのでお知らせをします。
今週末29日(土)の19:00より、Eテレで「いじめをノックアウトスペシャル第8弾」を生放送するそうです。そこでは、現役の中学生や高校生、先生、親が、世代を超えていじめについて本音を語り合う、司会者も台本もないトークを行うそうです。
また、データ放送やスマホ、コンピュータなどをとおして全国の視聴者も参加する「いじめ、減らせる?減らせない?」の投票や、大議論も行うそうです。
いじめで苦しみ、悩む子どもたちの気持ちをしっかりと聞き、いじめのために命を落とすようなことがなくなるよう、番組が製作をされているとのことで、お時間がありましたらぜひご覧くださいとのことでした。
詳しくは下のリンクをクリック。もしお時間があれば、よろしくお願いします。
NHKいじめを考えるキャンペーン「いじめをノックアウトスペシャル第8弾」公式HP

なお、本校でも、今後もいじめノックアウトに関する取組を進めていきますが、まずは来月11月10日(木)に第2回イエローリボン会議を行います。
今回の会議の内容は、ずばりいじめの深層に入り混むような内容です。
「身近に潜むいじめの芽 〜『空気』を読めないといけないの?〜」
学級でも話し合い、地域の方を交えて代表も話し合うことで、この点について十分議論を深めていきたいと思います。
また、来る12月の人権週間に向けて、様々な取り組みも進めていきます。
学校でも、地域でも、家庭でも、生徒同士だけでの機会でも、いじめの芽となるものがうまれないよう未然防止に努め、起きたときの早期発見と対応に努めていきたいと思います。引き続き、本校の教育活動への協力をよろしくお願いします。

重要 安城市教育委員会からのお知らせ〜申請により、第3子以降の小中学校給食費を補助します〜

安城市教育委員会総務課からの「第3子以降の小中学校給食費を補助します」と題したプリントと申請書を、本日中学2年生・1年生の全生徒に向けて配付しました。
以下、配付した文に記載されている内容について下記に示しますので、該当する方で申請を希望する方は、11月11日(金)までに各担任に提出をしてください。「受け取っていない!」という方は、お子さんに再度確認をしてくださいますようお願いします。
大切なことは、該当する方であっても、ご自身で申請をしなければいけないこと、複数人申請の場合はそれぞれで申請が必要なことです。期限までにお忘れなきようお願いします。

以下、本文を示します。

〜第3子以降の小中学校給食費を補助します〜

平成29年4月から子育て世帯の負担軽減を図るため、一定要件を満たした小中学校に在学する第3子以降の給食費を補助します。
条件に該当し、助成を希望する保護者の方は、申請書を在学学校へ提出してください。
提出期限:平成28年11月11日(金)

申請に基づき、3人目以降のお子様の学校給食費を助成し、保護者負担の無料化を実施します。(生活保護、就学援助等他の公的扶助制度による給食費相当分の補助を受けている場合は対象外ですが、第3子に該当する方は申請をお願いします。ただし、補助は生活保護、就学援助、第3子給食費補助のいずれか一つです。)

・補助対象となる条件
次の全てに該当する保護者
(1)小学1年生から高校3年生(18歳)までの子ども(※)を3人以上養育していること(※平成29年4月1日現在で18歳未満の子ども)
(2)保護者及び子どもが安城市に住民登録されており、かつ同一世帯であること
(第1子、第2子が同一世帯でない場合は、親子関係等を確認させていただくため戸籍等を提出いただく必要があります。)
(3)第3子以降の子どもが、安城市立小中学校に在学または就学予定で給食を喫食する児童生徒であること(第3子以降の子どもが安城市立小中学校に在籍しない場合は別途手続きが必要ですのでご相談ください)

・提出書類および提出期限
 「安城市学校給食費補助金交付申請書兼承諾書」を在学校へご提出ください。記入にあたっては、裏面記入例及び注意事項をご覧ください。
 ◎提出期限:平成28年11月11日(金)
新小学1年生は入学説明会時に入学予定小学校へご提出ください。
兄弟姉妹で複数人の申請の場合は、それぞれ申請してください。
補助決定の通知を4月初旬に申請者宛に送付しますのでご確認ください。

・ご注意
 この制度は、保護者の申請によるものです。該当すると思われる方であっても、申請がない場合には補助の対象となりませんのでご注意ください。

☆詳細は安城市ホームページ「望遠郷」をご覧ください。申請書兼承諾書はダウンロードできます。 安城市公式ウェブサイト「望遠郷」のリンクはこちら
ご不明な点は、安城市教育院会総務課給食係までお問い合わせください。
直通電話(0566)71−2253

合唱コンクールのリハーサルを行いました〜3年生〜

画像1 画像1
本日5時間目に、3年生の合唱コンクールのリハーサルが行われました。3年生については1年生同様、全部は通さずに一部のみを歌い、当日の流れを確認するという形で行いました。
ようやく生徒の手によるプログラムも形になってきました。連日、文化祭実行委員長を中心に、生徒会執行部の生徒や有志が頑張って準備や計画をしています。生徒会顧問の先生方もいろいろとアドバイスしていますが、いよいよ本番に向けて本格的にエンジンがかかってきたという感じです。
保護者の皆様には毎年ぎりぎりでのお渡しなのですが、文化祭の案内を送付できると思います。楽しみにしていてくださいね。

合唱コンクールのリハーサルを行いました〜2年生〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日6時間目に、2年生は合唱コンクールのリハーサルを行いました。
2年生は今回、外部から合唱の指導をいただくために、市内の小学校などで音楽の先生をされている鈴木博子先生をお招きして、ご指導をいただきました。
限られた時間ではありましたが、細部にわたってご指導をいただきました。特に、どの学級も同じようにいわれていたのは強弱について。強弱をはっきりつけることが大切だということがどの場面でも言われていました。また、口をしっかり開けることが大切だともお話をされていました。声量だけではなく、はっきりと言葉を伝えるようにすることが重要なんだそうです。学級によって言葉がわからないというようなときもあり、声がうまく聞き取れないといった状況もあったので、聞いていて、納得。その通りだと思いました。
今日のご指導を聞いて、2年生の皆さんがさらにやる気になってくれていればうれしいなと思います。
今後、2年生の合唱が今後、見違えるほどうまくなればいいなと思っています。

合唱コンクールのリハーサルを行いました〜1年生〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日5時間目に、1年生は合唱コンクールのリハーサルを行いました。
会を円滑に進めるためには、歌うことだけではなく、入退場の方法などを一通り通す必要があります。何もかも初めての1年生にとっては、こうした活動は大切。演奏する学級順に、緊張感もさながらに行いました。
当日は、来てくださった保護者の皆様にも楽しんでもらえるといいなと思っています。

合唱コンクールのリハーサルを行いました〜10組・11組〜

画像1 画像1
本日の5時間目の1年生の合唱コンクールリハーサルとともに、10組・11組のリハーサルを行いました。
10組・11組は、歌の「夢の世界を」と、ハンドベルでの合奏「上を向いて歩こう」を演奏します。毎日朝みっちり練習していますので、聴き応えのある演奏になると思います。ぜひ、楽しみにしていてくださいね。
画像2 画像2

「五角(合格)の柿」を赤松町内会からいただきました!

画像1 画像1
今日、赤松町内会長さんから学校に電話がありました。
「五角形の柿ができたよ。五角は「合格」で縁起がいいから、よかったら南中にどうぞ。」
むむっ!これは、行くしかない!と、伺いました。
3年生の皆さんやその保護者の皆さん、学校の先生がいよいよ半年後に迫ってきた受検を意識していくのは当然なのですが、地域の方から本校3年生のみんなの合格を気遣ってわざわざ連絡をくださったことが、何よりもうれしかったです。
町内会長さん、そして、わざわざ畑まで柿を採りにいってくださった赤松公民館の皆様、ありがとうございました。
こんな地域の人の、ほっと温まる声かけや心遣いに、うれしいひとときでした。

そうそう、この「合格の柿」のバックにあるのは、本校の先生方が掲示板の至る所に貼っている「ちょこっと道徳28」。心にちょこっと残る名言や心をちょこっと(ぐっと!の場合もありますが)動かす名セリフなどを掲示しています。この掲示は平本先生がつくってくれましたが、かわいいのでふだんは職員室に掲示してあります。

まだまだ受検の日までの道のりは長いですが、「合格の柿」でみんな合格できるといいなと思います。

そうそう、ふつうの柿って、どんな形をしているか、みんな知っていますか?
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
H28 年間行事
3/27 学年末休業
PTA会計監査
愛知県安城市立安城南中学校
〒446-0043
住所:愛知県安城市城南町2丁目7番地2
TEL:0566-75-3531
FAX:0566-75-3592