最新更新日:2017/03/25
本日:count up37
昨日:195
総数:61755
校訓  「拓く」  〜私たちは 新しい時代を担っていく若者として おおらかに 力強く 自らを拓いていきます〜  

平成28年度愛知県多文化共生日本語スピーチコンテストで最優秀賞受賞!

画像1 画像1
8月27日(土)に、名古屋国際センター別棟ホールで、愛知県主催・文部科学省後援による愛知県多文化共生日本語スピーチコンテストが開催され、本校の松本由香里さんが見事最優秀賞を受賞しました!
県下計77名の応募があり、そのうち一次審査で選抜された小学生9名、中学生6名がそれぞれ熱くスピーチをしました。由香里さんは幼い頃の体験や自分自身の人としての考え方などを表情豊かに話し、将来の夢と決意を力強く述べていました。他の学校の皆さんも大変上手でしたが、激戦を勝ち抜き、見事最優秀賞の受賞となりました。
おめでとうございます!

追記:8月28日(日)付け中日新聞第25面(愛知県版)に、本コンクールの記事が掲載されています。また、スピーチコンクール本線の案内については、愛知県公式ウェブサイト(こちらをクリック)に掲載されております。なお、松本さんの出場順位は当日のくじ引きの結果1番でした。
画像2 画像2

今だからできることを頑張る南中生〜横山町盆踊り大会ボランティア〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
去る8月19日(木)、20日(金)に、横山グラウンドにおいて、横山町の盆踊り大会が行われました。大きな町だけに本当にたくさんの地域の皆さんが集まっていましたが、中学生のみんなも楽しんでいたようで、とてもうれしかったです。
今回学校のほか、地域の回覧板等で中学生のボランティアを募集したところ、町外の生徒の皆さんを含め、なんと32名ものボランティア希望者がありました。町内会の方にお聞きすると、各模擬店の担当者から「元気あって気持ちが良い!」とか、「非常に効率よく動いてくれて助かりました」など、本当にうれしいコメントをいただきました。
町のお祭りや行事をとことん楽しむ、そして、町の活動に参加してとことんみんなを楽しませる、このことは、地域を盛り上げるということだけでなく、自分自身の将来のためにも、人のために何ができるか、人を楽しませたり喜ばせたりするには何ができるのかということに真剣に向き合うことができるきっかけにもなると思います。
日本や世界各地で飛び回っている先輩方もいると思いますが、きっとこのお盆の時期に帰ってきていたかもしれません。そんなときにこの横グラでの盆踊りを見て、ふるさとを感じていた人もいるでしょう。中学生のみんなが、その一翼を担い、将来ふるさとに帰ってきたとき、または、ふるさとで過ごしているときに、「このふるさとでよかった!」といえるようになるといいなって、心から楽しんでいる中学生を見て思いました。
また来年度も盛り上がることを期待しています。

安城南中学校区(中央地区)中学生防災教室に参加しました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
8月20日(土)に、安城市福祉センターにおいて、安城市中央地区社会福祉協議会の主催のもと、学区内の町内会長さんをはじめとする皆様の参加を得て、安城南中学校区中学生防災教室を行いました。
「自分で自分の命を守るために!〜地域の一員として中学生にできること〜」と題して、NPO法人コミュニティサポーターほっぷの皆さんが講師となって半日体験活動を行いました。
講義の後、非常食作りや応急手当法をはじめとした緊急時の対応方法について学び、最後に非常食の試食を行いました。非常食のカレーについては城南町内会にもご協力をいただきました。
写真がこのページでは3枚しか貼れないので、なんだかすぐにカレーを食べたような感じになっていますが、こなまずくん体験やえきじょう君シミュレーションなど、もっともっと身になる講座がたくさんありましたので、念のため。
一番印象的だったのは、冒頭の挨拶の鳥居保会長の言葉です。鳥居会長は三河地震の経験者で、この地域でも百余名の方が亡くなられているという現状や、当時の震災時の状況が大変であったことなどが、お話の中にありました。この地域も震災がいつ起きてもおかしくないと思って生活をしなければいけない、そのために中学生が何ができるかを考えて生活をしなければいけないというのは、経験者のお話から教員である私たちも強く心に刻まれました。
教室に参加した生徒の皆さん、そして、町内会長の皆様、本当にありがとうございました。

全中出場者が安城市長を表敬訪問しました

画像1 画像1
画像2 画像2
今年度の全中に出場した本校の清水夏海さん、浅井一恵さんをはじめとする市内の中学校の生徒が、本日市役所において市長を表敬訪問しました。
今年度全中に出場したのは、女子ソフトボール(安城北中)、卓球女子個人(安城南中、安城西中)、水泳男子(安城西中)、水泳女子(安城南中)、陸上女子(安祥中)の皆さんでした。本校では2種目2名の選手が全国大会に出場しました。
リオデジャネイロオリンピックも終わり、いよいよ次は東京オリンピック。本校では今エンド惜しくも全中には出場できなかったけれど、東海大会や県大会に出場を果たし、頑張った皆さんもたくさんいました。オリンピックというと遠い夢のような印象を持ちますが、こうした機会に接すると、道のりは険しいけれど確かに道は開いているんだということを実感します。今後も大いに活躍をし、どのような立場でも「南中魂」を大切にしていってほしいと思います。

第66回社会を明るくする運動安城市推進委員会が開かれました

画像1 画像1
去る8月23日、横山町にある安城市教育センターで、第66回社会を明るくする運動安城市推進委員会が行われました。
その席上で、募集のあった社会を明るくする運動標語・作文の表彰式があり、本校から、吉永悠乃さんが入選として表彰されました。

つなげよう 笑顔と絆 みんなの「わ」 吉永 悠乃

写真は、表彰状を神谷学安城市長から直接受け取っている様子です。
おめでとうごさいます! 

第66回社会を明るくする運動のウェブサイトはこちら

【速報!第3回戦、4回戦】第47回全国中学校卓球大会の結果〜卓球部女子〜

富山県高岡市竹平記念体育館で開催されています第47回全国中学校卓球大会に出場している浅井一恵さんの結果の続報です。
なお、勝敗結果については全中卓球の浅井さんの結果が掲載されているものを参考にしておりますので、PDFですがこちらをご覧ください。

3回戦
浅井一恵さん(安城南中)3−0 小畑美月さん(神奈川・横浜・隼人中)
ベスト16進出

4回戦
浅井一恵さん(安城南中)1−3 菅澤柚花里さん(大阪・大阪市・四天王寺中
残念!惜敗でした
1ゲームを取ったものの、残念ながらベスト8進出はなりませんでした。

しかしながら、最後まで熱戦を繰り広げた浅井さんの健闘を讃えたいと思います。
また、これまで応援してくださったたくさんの方々に感謝いたします。

以上で、これまで熱い戦いを繰り広げてきた本校の夏の大会は終わりとなります。
そして、気がつけば立秋をとっくに過ぎ、暦の上では秋を迎えています。
グラウンドや体育館、テニスコートなどでは、すでに新チームの秋の大会「新人戦」に向けてのチャレンジが始まっています。
今後も引き続き、安城南中学校への応援をよろしくお願いします。

なお、卓球の全国大会の結果の詳細は、こちらをご覧ください。

【速報!第3回戦進出!】第47回全国中学校卓球大会の結果〜卓球部女子〜

画像1 画像1
画像2 画像2
富山県高岡市竹平記念体育館で開催されています第47回全国中学校卓球大会に出場している浅井一恵さんの結果について、うれしい結果が入ってきました。
速報でお知らせします。
浅井さんは、(公財)日本卓球協会推薦選手として出場しており、第2回戦目からの登場でした。結果は以下の通りです。なお、勝敗結果については全中卓球の浅井さんの結果が掲載されているものを参考にしておりますので、PDFですがこちらをご覧ください。

浅井一恵さん(安城南中)3−0 石川凜さん(岩手・一関・萩荘中)
           11−6
           11−5
           11−4

おめでとうございます!

現在勝ち残っているのは浅井さんを含め、32名。明日は第3回戦となります。
神奈川県の大谷学園横浜隼人中学校の小畑美月さんと対戦をします。
第3回戦、第4回戦、準々決勝、準決勝、決勝と続きます。
まだまだ試合はここから。本領発揮をしてくれると思います。
ぜひ皆様も応援をよろしくお願いします。

なお、このホームページよりもリアルタイムに更新される全中の大会結果の速報をご覧いただくと、随時切り替わりますので、こちらをクリックして、ぜひ確認をしてください。

3年生受験頑張ってね応援企画 流しそうめん大会を行いました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日は全校出校日でした。
長い長い休みを経て、残り1週間ちょっととなった夏休みが名残惜しいところではありますが、みんなが元気に学校に来てくれたことをうれしく思います。
さて、本日は3年生の皆さんに予告していたとおり、保護者ボランティアの有志の方、安城南中学校おやじの会の皆様のご協力により、題して、「3年生受験頑張って寝応援企画〜流しそうめん大会〜」を行いました。
下校前のたくさんの3年生に参加をしてもらい、大いに盛り上がりました。
途中はチェリーとかゼリーとか、そうめんには??と思うものが流れてきて、みんな結構取り合って喜んでいました。
この活動は昨日までに有志の方が竹の準備を、そして朝からはさらに多くの有志の方々が集まって、そうめんの準備をしてくださいました。本当にありがとうございます。
帰りがけ、「ごちそうさまでした!」と声をかけた3年生に、「これで受験頑張れるね」と聞くと、「えっ?そういう会だったの?」と返されてしまいました。
食べた皆さん、そうですよ〜。ここから皆さんに是非受験に向けて頑張ってほしいというエールを込めて、1年生や2年生には今回ちょっと遠慮をいただきながら、3年生に食べていただきました。楽しんでもらえましたでしょうか。
夏休み終了まであと10日を切りました。まだ10日という声もあります。ぜひよい夏休みになるといいなと思います。
最後になりましたが、本日ご協力いただきました保護者やPTAの皆様、本日に至るまで熱心にご準備いただいた有志の方、安城南中学校おやじの会の皆様に、深く感謝申し上げます。

第56回全国中学校水泳競技大会の結果〜水泳部〜

画像1 画像1
本日、新潟県長岡市で開催されている第56回全国中学校水泳競技大会に本校3年生の清水夏海さんが200m背泳ぎで出場しました。
結果については、以下の通りです。

200m背泳ぎ 清水 夏海 さん 2分27秒28 予選惜敗

本校の生徒が全国大会という場で頑張ってくれていること、全国でも一握りしかつかむことのできない栄誉を得て、さらに栄冠をめざして頑張っている夏海さんに対して、職員一同誇りに思います。
学校では本日から部活動が再開されていますが、懸垂幕や昇降口に掲示をしてある夏海さんの全国大会出場の掲示を見て、同級生や下級生が話題にして賞賛の声を上げていました。それほど、全国大会という道のりは遠く、あこがれのものでもあります。
また、現在の2年生や1年生の中には、「来年こそ!」と意気込み、練習に熱を入れている皆さんもいます。それも、夏海さんをはじめとする先輩のここまでの頑張りがあるからだと思います。
夏海さん、本当にお疲れ様でした。
そして保護者の皆様をはじめとして支えてくださった方、今回の大会に向けて応援をしてくださったたくさんの方に改めて深く感謝申し上げます。

第56回全国中学校水泳競技大会情報をお届けします

第56回全国中学校水泳競技大会は、本日開会式を迎え、明日、女子200m背泳ぎに清水夏海さんが出場します。
競技日程が示され、夏海さんの種目の予選は11時24分頃から、決勝が15時36分頃から行われることとなりました。
とりあえず、公式サイトで競技会場の様子がわかりますのでリンクします。
第56回全国中学校水泳競技大会 ギャラリー
現地からの写真が届いたらまたお送りします。

皆さん、ぜひ応援をお願いします。

第56回全国中学校水泳競技大会競技日程

水泳・卓球の全国大会出場の懸垂幕を作成しました!

画像1 画像1
連日暑い日が続いています。残暑お見舞い申し上げます。
リオデジャネイロではオリンピックが、甲子園では高校野球が熱戦を繰り広げられています。朝早くですが、わくわくしながら観戦をしている中学生も多いのではないかと思います。
この楽しみに、ぜひもう一つ付け加えていただきたいのが、中学生の全国大会、いわゆる「全中」に本校から2名の出場者がおり、声援を送っていただきたいと言うことです。

ここまで輝かしい成績を上げ、勝ち上がってきたのは次の2名です。

水泳 女子200m背泳ぎ  清水 夏海 さん
 第56回全国中学校水泳競技大会に出場
 ダイエープロビスフェニックスプール(新潟県長岡市)
 清水夏海さんは、8月18日に出場する予定です。
 第56回全国中学校水泳競技大会 「君の夢 努力の蕾 北信越で華となれ!」 

卓球 女子個人戦    浅井 一恵 さん
 第47回全国中学校卓球大会に出場
 高岡市竹平記念体育館(富山県高岡市)
 浅井一恵さんは、8月23日から出場する予定です。
 第47回全国中学校卓球大会 「君の夢 努力の蕾 北信越で華となれ!」

ということで、校舎本館横に2名の名前を入れた懸垂幕を掲げました。
お盆の期間中ですが、正門から眺めていただくと正面でご覧いただけます。
タイムテーブル等もすでに公式サイトなどでアップされていますので、放送などのリアルタイムのものがあるかどうかは今調べていますが、様々な場所から応援をしていただけると嬉しいです。

オリンピックの快進撃、そして、甲子園の劇的な愛知県勢の勝利などに続いて、ぜひ勝ち進んでほしいと思います。
皆様も応援をよろしくお願いします。

安城市プラネタリウム「中学生のための天文講座」が開かれました

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
安城市文化センタープラネタリウムで昨日、「中学生のための天文講座」が開かれ、安城南中学校からもたくさんの中学生が参加をしてくれました。保護者の方や弟、妹と共に来ていた生徒の皆さん、友達同士誘い合わせてきた皆さんなど、様々な形での参加がありました。残念ながら中の写真は撮れないので、外の雰囲気だけをちょっとカメラに収めました。
2時間弱の間ですが、めったに見られない安城市上空の満天の星空を涼しい環境で眺めることができたと思います。来ていただいた皆さん、ありがとうございました。
理科が専門ではないので、ここで書いてあることが正確なのかはわかりませんが、今回の講座では次のようなことについて学んできました。
前半は星の明るさ、等級の話に始まり、地球が自ら1日1周回っている(自転)ため、1時間に約15度ほど星空が西にずれると言うこと(星の日周運動)について学びました。
後半は、地球が太陽の周りを1年で1周回っている(公転)ため、同じ時間で星を見ても1日に約1度弱ほど西にずれているということ(星の年周運動)について話をしました。
その後、高校入試で実際に出された問題
「8月1日の20時に見えた星空は、8月31日の何時に見える星空と同じか。」(といったような問題です)について回答案がみんなとやりとりをしながら示されていきました。
会場が真っ暗になってしまうので、解説の浅井さんとのやりとりは暗闇の中で言葉を交わしながらみんなとの意思疎通を図るという面白いやり方で、結構場が盛り上がりました。通常の番組ではなく、天文研究家の浅井さんが全てご説明くださるのでとてもわかりやすかったです。
今回は用事があってこられなかった方も、ぜひ16日、17日はプラネタリウムに足を運んでみてくださいね。

【速報】第38回東海中学校総合体育大会(卓球)の結果〜卓球部〜

本日小牧市で行われました第38回東海中学校総合体育大会(卓球)個人戦に出場した原田杏菜さんの結果について、速報でお知らせします。

女子個人戦 原田 杏菜  2回戦敗退

64名の選手が参加をしていましたが、残念ながら全国大会へと進むことはできませんでした。本当にお疲れ様でした。
ここまで応援していただいた保護者並びにコーチの方々、そして、ともに頑張ってきたチームメイトの皆さんにも感謝をします。

第38回東海中学校総合体育大会(水泳)の結果〜水泳部〜

画像1 画像1
昨日日本ガイシアリーナで行われた第38回東海中学校総合体育大会(水泳)の結果についてお知らせします。

第3位 200m背泳ぎ 清水 夏海 2分23秒07

清水夏海さんは、8月18日に新潟県長岡市で行われる全国大会への出場が決定しています。
おめでとうございます!
わたしたちも、できる限り結果を早く皆さんにお伝えしたいと思います。 
画像2 画像2

【速報】第38回東海中学校総合体育大会(陸上競技)の結果〜陸上部〜

本日、パロマ瑞穂スタジアムで開催されている、第38回東海中学校総合体育大会(陸上競技)に出場している富田大智くんの結果をお知らせします。

男子200m 富田 大智 記録 23秒25 予選惜敗!

全体では8位となる成績だったのですが、残念ながら走った組が好成績であり、先に進むことが叶いませんでした。
ここまで、陸上部員全員の夢もつないでくれながら頑張っていました。そんな富田くんに大きな拍手を送りたいと思います。
応援していただいた保護者の皆様、また、本日応援に行った陸上部員のみんなにも深く感謝します。
ぜひ高校生になっても活躍してくれることを期待しています。

(写真はまだ届いていないので、後日載せて再度アップしますね。)
 

第37回安城選手権大会〜水泳部〜

画像1 画像1
8月8日(日)に安城市スポーツセンターで
第37回安城選手権大会夏季水泳競技会が開催されました。
水泳部の活躍をご紹介します。

男子100m背泳ぎ
第2位 1分10秒07 中川駿介

女子100m背泳ぎ
優勝  1分04秒70 清水夏海 大会新記録!
第3位 1分16秒89 中嶋麻貴

女子100m平泳ぎ
優勝  1分17秒99 橋本明日香
第3位 1分22秒91 高須ちひろ

男子100mバタフライ
第2位 1分09秒11 坪川 拓
第3位 1分09秒68 津田隼斗

女子50mバタフライ 
第2位 34秒29 岡本佳歩
第3位 37秒00 浅井りか

女子400mリレー 第2位 4分53秒44
浅井りか・高須ちひろ・岡本佳歩・中嶋麻貴

清水夏海さんは、100m背泳ぎで大会新記録を出しました!
また、競技に出場したほとんどの生徒が自己ベストを出していました。
南中スイマーズらしい、堂々とした泳ぎでした。
水泳部のみなさん、おつかれさまでした!!

重要 【入場無料】文化センタープラネタリウムで中学生向けの天文講座を開催します

画像1 画像1
安城市教育委員会では、中学校で習う天文の分野「地球と宇宙」を中心としたプラネタリウム特別放映「中学生のための天文講座」を、天文研究家の浅田英夫氏の解説で行います。
公立私立を問わず、高校入試では天文の分野の出題が過去よりありますが、カリキュラム上から考えると、中学3年生の後半にならないと習いません。ここでは、高校受験の際に出題された問題頭をわかりやすく楽しく解説してくれるそうで、3年生に限らず、1年生や2年生でも楽しめる内容となっています。しかも中学生の入館料は無料です。
3回講座で、11日、16日、17日と行われ、いずれも10時30分より行います。もちろん、保護者の方も50円だけいただきますが入館できます。
安城南中は、なんと学区にプラネタリウムまであり、昼でありながら涼しく天空を眺めてまさにライブ感覚で学習をすることができます。このような環境にあって、行かない手はありません。もちろん、学校から行くわけではないので服装などは自由です。あえてお願いするならば、公共の場でのマナーを十分守ってくださいね。

ぜひ友達同士誘って参加してください!

以上、安城市教育委員会からのお知らせでした。

タブレット導入研修〜2学期よりタブレット端末が導入されます〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
安城市では平成27年度・28年度の2年間で、全ての小中学校にタブレット端末を教師用1台を合わせて計41台ずつ、アクセスポイントを含めて整備し、全国に先駆けて教育のICT化を展開しています。中学校では昨年度安城西中学校が推進校となり唯一導入をされていましたが、今年度遂に安城南中学校に配置されました。
今日はそのための導入研修をみっちりと行いました。
教師が1台のタブレットをもって実施する場合、生徒がグループとなって数台を展開して学び愛の活動を展開する場合、生徒一人一人に配置して教師がその意見を集約しながら授業を進める場合と、様々なパターンを確認しながら授業で展開する方法を検討していました。
2学期からいよいよ各教科の先生が使っていきます。台数が限られるため、常に手元にタブレットがあると言うことではなく、また、教師が使う場合もあるため生徒の中には実感ができない場合もあるかもしれませんが、わかりやすい授業や学び合う授業スタイルの構築を目指して、いろいろと各先生方がチャレンジしていきます。
そうした意味でも2学期の授業にご期待ください。

第63回安城七夕まつり〜これからも「輪」を大切に〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
第63回安城七夕まつりが3日間の日程を終えて閉幕をしました。
今年のテーマは「輪」。
七夕まつり公式サイトでは、実行委員長の杉山敏幸さんが、次のようにあいさつをされています。

3日間で100万人以上もの人が訪れる安城七夕まつり。
年齢、性別、職業、居住地、国籍もさまざまな人たちが会場に集い、市民参加のイベントなどを通して交流します。一緒に来た人と願いごとを書いて夢を確認し合ったり、イベントで笑い合ったり、初めて出会った人と意気投合することもあるでしょう。こうした小さなドラマの数々から、たくさんの小さな「輪」が生まれ、いつしか五輪のようにつながり大きな「輪」に進化していく。
そんなストーリーを描ける舞台が、安城七夕まつりには用意されています。
商店街や地域の方々が一丸となって作りあげる竹飾りの「輪」…。
まつりを支えるボランティアの「輪」…。会場にあふれるたくさんの「輪」を体感し、いろんな人と感動を共有することができる安城七夕まつり。
ほぼ同時に開幕するリオデジャネイロ五輪に負けないよう「願いごとの聖地」安城から、「輪」が繰り広げる素晴らしい世界を発信していきます。
第63回安城七夕まつり公式ウェブサイト

わたしたち安城南中も、今回はこのコンセプトを大切にし、生徒の皆さんに様々な参加を通して「輪」を意識してほしいと思いました。
七夕飾りや願い事短冊の準備の様子からまつりの3日間の様子に至るまで毎日見ていましたが、心から楽しんでいる生徒の皆さんの姿が随所にありました。
願い事短冊では友達同士で自分の願い事を探している人や、夜店を眺め、おいしそうにかき氷をほおばり、至福の時を過ごしている人など、おまつりの楽しみ方は人それぞれでした。
ふと沿道に目をやると、自分の家のお手伝いとして頑張っている人もいました。汗を流しながら笑顔で接客する姿勢に、ただ楽しむだけではなく、まつりを支えているという気持ちを強く感じ、まつりを盛り上げる「輪」を感じました。
連日繰り広げられる様々なダンスや踊りなどで参加をしてくれている人もいました。真剣なまなざしで踊る姿は沿道の人に感動を与えていました。これも、真剣勝負を通して会場のお客さんとの「輪」ができていました。
暑い中ボランティアで汗を流し、まつりを側面からサポートする人もいました。市街から来る人に丁寧に案内をしていたり、同時間に町内でやっているおまつりに協力をしたり、様々な場所で安城南中の生徒の力を感じました。まつりを温かい心で支える「輪」を感じました。
学校も笹飾りで協力をしましたが、一生懸命飾りを作り、飾り付けをした皆さんの努力があって、ここまでできました。みんなの「輪」がなくてはできないことですし、この飾りを通じて安城南中と地域の皆様との「輪」ができました。
安城南中の職員も、心ばかりの協力ではありますが、ごみかごボランティアへの参加や、笹飾りの準備や撤収など、その輪に加わらせていただきました。
七夕まつりに限らず、様々な場所でおまつりを支え、地域を支えている方々の多くは、安城南中の先輩方です。いろいろな形で参加した皆さんは、そんなことを意識しながら、七夕まつりを1つのきっかけとして、この町を好きになり、町全体の「輪」に加われていれば、わたしたちとしても嬉しく思います。

まだまだ夏は続きます。
夏休み期間中の合言葉は"Back to our hometown."
こうしたおまつりなどを通して、ぜひ自分の町のよさを再認識する機会になるといいですね。

第63回安城七夕まつり〜飾り付けコンクールの結果〜

第63回安城七夕まつりが終わりました。
夜9時より行った飾り付けの撤収作業には、準備に引き続き多くのボランティアの保護者の方や地域の方にご参加いただきました。ありがとうございました。

今回の竹飾りについて、以下のコンクールの結果となりました。

 特別奨励 協会長賞

生徒会の皆さんや保護者・PTA役員の皆様、地域の皆様のおかげで、このような賞をいただきました。
ありがとうございます。
22日の出校日にはみんなの見えるところに飾っておきたいと思います。
写真は、片付ける前の夜の笹飾りの風景です。
暑い夜でしたが、あかりがともる飾りは幻想的でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
H28 年間行事
3/27 学年末休業
PTA会計監査
愛知県安城市立安城南中学校
〒446-0043
住所:愛知県安城市城南町2丁目7番地2
TEL:0566-75-3531
FAX:0566-75-3592